神戸 三宮ネイルサロン ラヴェルデLaverdeは自爪が薄くならないパラジェルを使用し、
アセトンオフをしない高技術のマシーンフィルインのプライベートサロンです。

お客様の爪を傷めずに長くジェルネイルを楽しんでいただくことをモットーに、必ずお客様に幸せな気持ちになっていただけるネイル施術のご提供を出来るように心掛けています。
他店様でご満足できなかったお客様にこそ、ぜひ当店にお越しください。お待ちしております。

折野 碧 Midori Orino

完全
予約制
ご予約・お問い合わせはお気軽に 078-393-1233
[営業時間]
10:30~19:00(最終受付17:00)
[定休日]
木曜、祝日

ご予約、お問い合わせはこちら

ネイルサロンラヴェルデのこだわり

当サロン支持率NO.1!

para gelパラジェル

パラジェルは、爪を傷ませずに続けられるジェルシステムです。
爪の表面を削り、ジェルを染み込ませて密着させるタイプと違い、ジェルを爪に染み込ませずに爪を密着させることが出来る完全サンディング不要(爪の表面を削る必要のない)ジェルネイルです。正しく扱っていただけると、爪が薄くなったり、爪が傷んだりすることはありません。

お一人お一人肌質が違うように、お爪にも爪質があり、お爪の油分量や水分量が異なります。
爪質に合ったジェルを選ぶことで、ジェルの持ちが本当に変わりますので、数種類あるジェルネイルから、お客様の爪質に合ったジェルをご提案させていただきます。

para gel パラジェルにも、粘度の違うジェルが数種類ございます。爪質に合う粘度のジェルをご提案させていただきます。

para gelパラジェル以外にも、AB GELアビージェルやBiO SCULPTURE GELバイオスカルプチュアジェルもご用意しております。

para gel パラジェル

ラヴェルデのこだわり

アセトンを使わない、爪に優しいベース一層残しのマシーンフィルイン技術とは?

  • アセトンを使わない、爪に優しいベース一層残しのマシーンフィルイン技術とは?
  • アセトンを使わない、爪に優しいベース一層残しのマシーンフィルイン技術とは?
  • アセトンを使わない、爪に優しいベース一層残しのマシーンフィルイン技術とは?

①のお写真は前回施術させていただいた(3、4週間前)ジェルネイルです。
爪が伸びて、キューティクル側から自爪が見えています。
伸びてしまったジェルは、ジェルが浮いていないからとお手入れをせずにそのままにしてしまうと重心が爪先に変化していくので、負担がかかり爪が折れてしまったり、ジェルが浮いて取れてたりしてしまう可能性があり、自爪が傷む原因になります。定期的なお手入れをおすすめいたします。

ジェルネイルの付け替えの際に、ネイルサロンでよく行われているジェルの除去(ジェルオフ)方法は、②のお写真のようにアセトンをしみこませたコットンをジェルの上にのせてアルミを巻いてジェルネイルを溶かして除去する方法です。毎回完全にジェルの除去をします。

当サロンは、ジェルのデザインチェンジ(ジェルの付け替え)にアセトンを使いません。
その理由は、アセトンを使うことで爪や皮膚に与える負担が大きく、自爪を傷めてしまう原因の一つになるからです。
そこで、当サロンはお勧めするのは、マシーンを使ってデザインを削りベース一層を残す高技術のマシーンフィルインです。

アセトンについての
詳しい説明はこちら

  • アセトンを使わない、爪に優しいベース一層残しのマシーンフィルイン技術とは?
  • アセトンを使わない、爪に優しいベース一層残しのマシーンフィルイン技術とは?
  • アセトンを使わない、爪に優しいベース一層残しのマシーンフィルイン技術とは?

高技術のマシーンフィルインの手順とは、
①のお写真のデザインを削り
③のお写真の状態ベースジェルを一層残した状態にします。ベースジェルが浮いている部分があればこの時に取り除きます。
③のお写真の自爪とジェルの境目わかります見極めが出来ますか?(④の写真のピンクのラインの部分がベースジェルが残っているところです。)
そして、キューティクルリムーバーを使わないで、しっかり甘皮(キューティクル)をニッパーでケアをして、お好みの爪の長さに調節します。

キューティクルリムーバーを
使わない理由はこちら

その後、ベースジェルから施術し、
⑤のお写真の様にお好みのデザインをアートし完成です。

マシーンフィルインは、ネイリストの技術が必要になります。
ネイリストの技術が未熟だったりすると、自爪とジェルをしっかりと見極めが出来ず自爪を削ってしまい、薄くなってしまう事もあります。
傷んでしまうと新しく爪が生え変わるまでジェルを一旦、お休みせざるを得なくなります。
マシーンでデザインを削りベースを残していくマシーンフィル技術は、効率で言うと少し悪く、技術も必要になる事から、まだまだ取り入れているネイルサロンが少ないのが現状です。
効率が悪くても、お爪を傷めない為にも ラヴェルデではマシーンフィルイン技術をさせていただいております。

この様な理由から、ジェルの付け替えには、アセトンを使用せずに施術しております。

ジェルの付け替えに、アセトンを使わない理由

ジェルの付け替えに、アセトンを使わない理由

ジェルネイルの付け替えの際に、ネイルサロンでよく行われているジェルの除去(ジェルオフ)方法は、お写真のようにアセトンをしみこませたコットンをジェルの上にのせてアルミを指先に巻き、ジェルネイルを溶かして除去する方法です。
毎回完全にジェルを除去をします。

当サロンは、ジェルのデザインチェンジ(ジェルの付け替え)にアセトンを使いません。

その理由は、アセトン自体には毒性は少ないのですが、車の塗装をはがすのにも使われるほどの強力な薬品で強い脱脂があり皮膚と爪に負担がかかります。
ジェルネイルをアセトンで除去(アセトンオフ)すると、強い脱脂があるため皮膚と爪を乾燥させ、乾燥で指や爪が白くなってしまったり、乾燥しすぎると爪が内側に丸まって生えてしまう場合があるからです。

爪が内側に丸まって生えてしまうと付けたジェルが少し伸びると爪の丸まりについていけなくなり、先端やサイドからジェルが剥がれ持ちが悪くなり、付け替えでまたアセトンを使います。
剥がれたところが気になり自分でジェルをはがしてしまったりすると、爪の表面の一番厚みのある層まで剥がれてしまい、爪が薄くなります。
どちらも悪循環です。

アセトンの脱脂性に気づき、いろんなメーカーが努力をして、保湿剤成分があるアセトンもありますが、保湿剤成分がはいっていないアセトンも売られています。
ネイルサロン側がどんなアセトンを使っているのか、アセトンオフしたあとの自爪を見て白くなっていないかなどお客様にどこまでお伝えが出来ているのかも、サロンとお客様との信頼関係が大切です。

白くなってしまったお爪も、新しくジェルを塗ると綺麗に見える場合もあるので、仕上がってしまってからでは自爪の状態は分かりません。

そこで、当サロンがお勧めするのは、アセトンを使わない!マシーンを使ってデザインを削りベース一層を残す高技術のマシーンフィルインです。

キューティクルリムーバーについて

キューティクルリムーバーについて

キューティクルリムーバーは、甘皮《キューティクル》を即時に柔らかくし、メタルプッシャーやニッパーで取り除きやすくする事ができます。

そのため、お手入れにキューティクルリムーバーが多くのネイルサロンで使われていますが、キューティクルリムーバーの成分の中には水酸化カリウムや水酸化ナトリウムが含まれているものも多く、タンパク質に対して強い腐食性があります。

甘皮《キューティクル》にキューティクルリムーバーをつけると、皮膚が柔らかくなり、メタルプッシャーなどで押し上げやすくなるのですが、それは水酸化ナトリウムなどによってタンパク質が溶かされて柔らかくなっています。

ネイルスクールやネイルサロンでも、甘皮《キューティクル》を柔らかくし、お手入れしやすい様にキューティクルリムーバーを使うと教わりますが、どうして《キューティクル》が柔らかくなるのかなどの理由はほとんど教わりません。

私も、キューティクルリムーバーが少しずつ爪を傷めているかもしれない。と言うことを知り、色々と調べてわかりました。

爪は角質《タンパク質》が3層重なり、その間にある脂質や水分から構成されている複雑で繊細な組織です。
3層のタンパク質の隙間に角質間脂質と呼ばれる脂質や水分があり、3層を繋ぐ役割をしています。

キューティクルリムーバーを使用すると、この大切な角質間脂質が奪われ、乱れます。
角質間脂質が乱れるとジェルの持ちも悪くなってしまいます。

ラヴェルデは、こうした理由からキューティクルリムーバーを使用しません。
キューティクルリムーバーを使わなくても、しっかりと道具を選び使い分けることで綺麗にキューティクルケアができます。

乾燥などで甘皮《キューティクル》が多く、爪に張り付いている場合は柔らかくしないで綺麗にケアする事は難しいのですが、その後場合はキューティクルリムーバーは使わずに保湿することで固くなった甘皮≪キューティクル≫を柔らかくして、しっかりキューティクルケアをしていきます。

くつろぎのプライベート空間

くつろぎのプライベート空間

サロンは落ち着いたベージュを基調とした、大人の女性の為の隠れ家のようなご来店いただいたお客様お一人だけの完全ご予約制のプライベート空間です。
リクライニングソファでDVDを鑑賞しながらのゆったり施術、癒される空間作りにこだわっております。街の喧噪を忘れて、落ち着いた空間を満喫頂くことができます。

豊富なデザイン

豊富なデザイン

お客様の雰囲気やお洋服のお好みを参考に、デザインをご提案させていただきます。
デザインが決まってからも、カラーやアートのイメージを何度も確認しながら満足していただけるように仕上げていきます。
お客様から「デザインをお任せにしても、好みに仕上げてくれる」と、言っていただけます。

PAGE TOP